報道発表

曹妃甸(そうひでん)官民検討グループ第3回会合の開催

平成24年9月6日
  1. 本6日(木曜日),外務省において,中国河北省唐山市にある中日曹妃甸エコ工業パーク等の曹妃甸プロジェクトについて,曹妃甸官民検討グループ(関係省庁,関係機関及び経済界が参加)の第3回会合を行いました。
  2. 本日の会合においては,曹妃甸をめぐる最近の状況を共有し、中国側の提案について議論を行いました。
  3. 引き続き,曹妃甸官民検討グループにおいて,議論を行っていく予定です。

【参考】
 河北省唐山市曹妃甸における中日曹妃甸エコ工業パーク等の曹妃甸プロジェクトは,日中首脳会談(2010年5月)等で温家宝国務院総理から提起された案件であり,日本側も,2010年8月の第三回日中ハイレベル経済対話で「曹妃甸官民検討グループ」を立ち上げることを表明。2011年2月10日に関係省庁(外務省,財務省,経済産業省,国土交通省,環境省),関係機関(国際協力機構,国際協力銀行,日本貿易保険,日本貿易振興機構,日中経済協会)及び経済界(経団連「中国循環経済促進タスクフォース」)の参加を得て,検討グループを立ち上げ(事務局長は北野充外務省アジア大洋州局審議官),第1回会合を行い,同年7月に第2回会合を行った。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る