報道発表

山根外務副大臣とリンク独外務省国務大臣の会談(概要)

平成24年9月5日

 本5日(水曜日),山根隆治外務副大臣は,来日中のミヒャエル・リンク独外務省国務大臣(Mr. Michael Link, Minister of State at the Federal Foreign Office)と昼食会形式で会談したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭
     山根副大臣よりリンク外務省国務大臣の初来日を歓迎するとともに,姉妹都市関係等を通じた日独二国間関係の深化に努力していくべき旨述べました。
  2. 日EU経済連携協定(EPA)
     山根副大臣より,本協定の締結は,日EU相互の経済に資するものであり,早期の交渉開始を期待する旨述べました。これに対し,リンク外務省国務大臣より,日本のこれまでの取り組みを評価している,日EU・EPAの重要性については日本と意見を共有しており,協力していきたい旨述べました。
  3. 欧州債務危機
     山根副大臣より,ドイツが本件解決にリーダーシップをとっていくことを期待すると述べたのに対し,リンク外務省国務大臣より,ドイツはユーロの維持に今後とも傾注していく,欧州は債務危機に対し今後とも連帯して,真の問題解決を追求していく所存である旨述べました。
  4. 東京2020オリンピック・パラリンピック招致
     山根副大臣より,2020年のオリンピック・パラリンピックに東京が立候補していることを紹介したところ,リンク外務省国務大臣は,然るべく関係者に伝える旨応答しました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る