報道発表

ファル・ギニア大統領府事務総長による玄葉外務大臣表敬

平成24年8月31日
(写真)ファル・ギニア大統領府事務総長による玄葉外務大臣表敬-1 (写真)ファル・ギニア大統領府事務総長による玄葉外務大臣表敬-2




 本31日(金曜日)午後3時30分から約15分間,玄葉光一郎外務大臣は,来日中のフランソワ・ロンセニー・ファル・ギニア大統領府事務総長(H.E.Mr.François Lonseny FALL, Minister of State, Secretary General of the Office of the President of the Republic of Guinea)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,玄葉外務大臣より,7月の加藤敏幸外務大臣政務官のギニア訪問時におけるギニア政府と国民からの温かい歓迎に謝意を表明し,続いて,ギニアは民主主義確立への道を進んでおり,国民議会選挙が公明正大に早期に実施されることを期待している,来年6月1日(土曜日)から3日(月曜日)まで横浜で行われる第5回アフリカ開発会議(TICADV)に是非ともアルファ・コンデ大統領に来て欲しい,アフリカ開発会議(TICAD)では,日本らしく着実にフォローアップを行い,アフリカのオーナーシップ(主体性)を大事にしながらアフリカ開発を進めたい旨述べました。
  2. これに対し,ファル大統領府事務総長より,今次訪日は,大変有益であり,日本との協力関係の深化に資するものである,ギニアは年内に国民議会選挙を行う旨述べるとともに,大統領はTICADVに参加する意向を有しているとの見解を示しました。
  3. 玄葉外務大臣は,ギニアはボーキサイトなどの埋蔵量も多く,日本企業も関心を有しており,投資環境の改善に努めてほしい旨述べ,ファル大統領府事務総長もこれに同意しました。
  4. この他,国連安保理非常任理事国選挙を含む国際場裡における協力,文化を通じた人的交流に関し,意見交換を行いました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る