報道発表

マラウイに対する無償資金協力「中西部地方給水計画」に関する書簡の交換

平成24年8月30日
  1. 本30日(木曜日)(現地時間同日),マラウイ共和国の首都リロングウェにおいて,寒川富士夫駐マラウイ大使と先方ケン・リペンガ財務大臣(The Honourable Ken Lipenga, Minister of Finance of the Republic of Malawi)との間で,5億6,300万円の無償資金協力「中西部地方給水計画」に関する書簡の交換が行われました。
  2. この計画は,マラウイ中西部のムチンジ県ムカンダ地区,カスング県サンテ地区における水道管による給水施設の建設,ムチンジ県の農村部における井戸修繕(一部、代替井戸・追加井戸の建設を含む)及び機材の供与(井戸修繕に必要な機材一式)等を実施するものです。マラウイの地方商業拠点は,ハンドポンプ付の深井戸と伝統的な手掘りの浅井戸に頼っているため,生活衛生水準の改善のため水道管による給水施設の整備が必要な状況にあります。また,農村部では,給水率の改善のため,修理されずに放置されている井戸に対して適切な修繕を行うことが必要な状況にあります。この計画の実施により,新たに40,586人に対して安全な水を供給することが可能となり,対象地域において,衛生状況が改善され,下痢,赤痢等の水因性疾病が減少することが期待されます。
  3. 我が国は,2008年5月の第4回アフリカ開発会議(TICADIV)において,650万人に対する安全な飲料水を提供するとの支援を表明しており,この計画はその具体的支援策の一環となるものです。

(参考)
 マラウイ共和国はアフリカ南部に位置し,面積は11.8万平方キロメートルを有し,人口は約1,526万人(世銀,2009),一人当たりGNI(国民総所得)は約330米ドル(世銀,2010)。

Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る