報道発表

イラン北西部における地震被害に対する緊急無償資金協力

平成24年8月24日
  1. 本24日(金曜日),我が国政府は,イラン北西部における地震被害の被災者支援のため,9千万円を上限として,仮設住宅の購入に必要な緊急無償資金協力を行うことを決定しました。
  2. イランでは,8月11日(土曜日)に北西部東アゼルバイジャン州においてマグニチュード6.4の地震が発生しました。震源近くの多くの村で建物が倒壊し,現時点で少なくとも308名が死亡,4,500名が負傷し,被災者は約15万人で,その内7万人以上が避難生活を送っていると報じられています。
  3. 我が国は,東日本大震災に対するイランの支援に深く感謝しており,イラン政府の要請を踏まえ,我が国とイランとの伝統的な友好関係にも鑑み,被災者に対する人道的支援のため,同国に対し今回の緊急無償資金協力を行うこととしました。これにより,今回の地震に際し,イランに対しては,既に実施した1800万円相当の緊急援助物資の供与と併せ,総額1億800万円までの支援を実施することになります。
【参考】イラン北西部における地震被害に対する我が国の支援
  • 我が国は,イランにおける今回の地震被害に対し,同国政府からの要請を受け,8月17日(金曜日),1800万円相当の緊急援助物資(簡易トイレ・シャワー100台)の供与を行うことを決定し,22日(水曜日),イラン側に引き渡しました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る