報道発表

ボーカス米国上院財政委員長による玄葉外務大臣表敬

平成24年8月23日

 本23日(木曜日)午前10時から約50分間,玄葉光一郎外務大臣は,マックス・ボーカス米国上院財政委員長(The Honorable Max Baucus, Chairman of the Senate Committee on Finance)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです(日本側から八木経済局長他,米国側からルース駐日米国大使他が同席)。

  1. 冒頭,玄葉大臣から,ボーカス委員長の来日を歓迎し,同委員長の長年に亘る日米関係強化への取組に感謝の意を述べました。これに対し,ボーカス委員長から,マンスフィールド元駐日大使(注:ボーカス委員長と同じモンタナ州出身)の言葉を引きつつ,日米間の経済関係は太平洋で最も重要な二国間関係であるとの発言があり,今後も高い水準での日米間協力が続くことへの期待が表されました。
  2. 環太平洋パートナーシップ(TPP)協定に関して,玄葉大臣から,現在,TPP交渉参加に向けた日米間の協議が行われているところであり,日米が協力して貿易・投資に関するルール・秩序を作っていく意義は大きい旨述べました。これに対して,ボーカス委員長から,TPPは米国経済のみならず大局的観点からも重要なものであり,同協定が多くの国が参加する質の高い水準の協定となることを期待する,との発言がありました。
  3. 米国産牛肉の輸入に関して,玄葉大臣から,米国産牛肉の輸入条件を含むBSE対策全般の見直しについては,現在,食品安全委員会が最新の科学的知見に基づき審議を行っているところである旨述べました。これに対して,ボーカス委員長から,BSE対策の見直しが進められていることを歓迎する旨述べました。
  4. 加えて,玄葉大臣から,我が国の米国からのLNG輸入の実現への協力を求めたのに対し,ボーカス委員長から,協力していきたい旨述べました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る