報道発表

野田総理発李明博(イ・ミョンバク)大統領宛親書の伝達

平成24年8月17日
  1. 本17日(金曜日)、野田佳彦内閣総理大臣は、李明博(イ・ミョンバク)大統領に対し、最近の同大統領の竹島上陸及び日韓関係に関する種々の発言について遺憾の意を伝えるとともに、近日中に、韓国政府に対し、竹島問題について、国際法にのっとり、冷静、公正かつ平和的に紛争を解決するための提案を行う旨伝え、また、日韓関係の大局に立って、日韓関係の未来のため、韓国側が慎重な対応をするよう求める旨の書簡を発出しました。
  2. 同親書は、17日午後、杉山晋輔アジア大洋州局長が在京韓国大使館李京秀(イ・ギョンス)公使に手交し、転達方依頼しました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る