報道発表

日韓外相電話会談

平成24年8月10日

 本10日(金曜日)午後5時から約15分間、玄葉光一郎外務大臣は,金星煥(キム・ソンファン)韓国外交通商部長官に電話し,会談を行ったところ,概要は以下の通りです。

  1. 玄葉大臣から,本10日の李明博大統領の竹島訪問は、竹島が歴史的にも国際法上も我が国固有の領土であるという我が国の立場と相容れず到底受け入れられない、今回の李大統領の竹島訪問は日韓関係の大局的な観点から、難しい問題をマネージするとの考えに完全に逆行するものであり、何故、李大統領がこの時期にこのように訪問したのか全く理解できない、我が国政府として強く抗議する、今回の李大統領の訪問は我が国国民の韓国に対する国民感情と日韓関係に大きなマイナスの影響を及ぼすものである、今回、李大統領が竹島訪問を強行したため、武藤駐韓大使を一時帰国させることを決めた、国家元首である李大統領の今回の竹島訪問を受け、今後、我が方は相応の措置を執らざるを得なくなる旨述べました。
  2. これに対し,金長官からは,従来からの韓国の立場に基づく応答がありました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る