報道発表

ボーラム・スミス・クライストチャーチ倉敷姉妹都市委員会副委員長に対する外務大臣表彰

平成24年6月22日
  1. 本22日(金曜日),山口壯外務副大臣から,デイビッド・ボーラム・スミス・クライストチャーチ倉敷姉妹都市委員会副委員長(Mr. David Bolam-Smith, Deputy Chairman, Christchurch Kurashiki Sister City Committee)に対して外務大臣表彰の授与式を行いました。
  2. 山口副大臣から,ボーラム・スミス氏に対して,長年の両国の友好親善に大きく寄与した功績に敬意を表したい旨述べるとともに,今年は日本とニュージーランドの外交関係樹立60周年の節目でもあり,改めて,両国の更なる友好関係の強化に向けて共に協力して行きたいと述べました。
  3. これに対して,ボーラム・スミス氏から,外務大臣表彰を受賞し光栄であり,今後も引き続き,日本とニュージーランドの友好親善関係の促進に貢献していきたいと述べました。

(参考)ボーラム・スミス氏の外務大臣表彰
(1)ボーラム・スミス氏は,クライストチャーチ倉敷姉妹都市委員会の委員,及び副委員長として計23年の長きにわたり,同委員会の活動の中心的存在であり続けました。

(2)この間,同委員会の交流活動のみならず,日・NZ両国間スポーツ交流,日本語図書整備に尽力したほか,日本語教育機関の役員として,日本語教育の発展にも寄与してきました。その他,数々の市民交流,日本文化紹介の活動において,主要な役割を果たしてきており,日・NZ友好関係の発展と相互理解促進に貢献しました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る