報道発表

山根外務副大臣とギュンター・エッティンガー欧州委員の会談

平成24年6月8日

 本8日(金曜日)午前10時から約30分間,山根隆治外務副大臣は,来日中のギュンター・エッティンガー欧州委員(Commissioner GÜNTHER OETTINGER)(エネルギー担当)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 山根副大臣より,エッティンガー欧州委員の訪問を歓迎するとともに,エネルギーに関する研究開発や原子力の安全性など日EUで協力して世界に貢献していきたい,EUの日本産食品輸入規制については科学的データに基づき前向きな検討をお願いしたい旨述べました。
  2. エッティンガー欧州委員より,日本とEUは国内に加え対外的にも賢明な戦略が求められる,原子力安全は日本や欧州が協力して最高水準の安全性とセキュリティの基準づくりに貢献していくべき旨述べました。食品の輸入規制については,客観性が重要である旨述べました。
  3. また,山根副大臣より,日EU経済連携協定(EPA)の交渉開始に向けて協力をお願いしたい旨述べました。これに対しエッティンガー欧州委員より,日EU双方が共通の課題とする経済成長につながる取組であり,双方にとってメリットとなることが重要である旨述べました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る