報道発表

中野外務大臣政務官のサモア訪問

平成24年6月1日
  • (写真)トゥイラエパ首相兼外務・貿易相への総理祝賀メッセージの手交
    トゥイラエパ首相兼外務・貿易相への
    総理祝賀メッセージの手交
  • (写真)独立50周年行事への出席
    独立50周年行事への出席
  • (写真)文化行事の模様
    文化行事の模様

 中野譲外務大臣政務官は,5月31日(木曜日)から6月2日(土曜日)までの日程でサモアを訪問し,同国の独立50周年記念行事に参列するとともに,トゥイラエパ同国首相(Hon. Tuilaepa, Prime Minister)への表敬を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 独立記念式典参列(5月31日(木曜日)及び6月1日(金曜日))
     中野政務官は5月31日(木曜日)及び6月1日(金曜日)に実施された一連のサモア独立50周年記念式典に日本政府を代表して参列しました。式典では,日本政府代表として,アヴァ(木の根を絞った飲み物)の献杯,村々の代表から贈り物の献呈を受けました。また,式典の合間に,プナ・クック諸島首相,テラビ・ツバル首相,タランギ・ニウエ首相,マールス豪外務政務次官等,第6回太平洋・島サミットに参加した首脳等を含む,各国の参列者と挨拶を交わしました。また,日・サモア友好議連を代表して小熊慎司参議院議員(夫人同伴)が一連の記念式典に参列しました。
  2. トゥイラエパ・サモア首相への表敬(6月1日(金曜日)午前)
     中野政務官より,独立50周年記念行事への祝意と両国関係のさらなる強化への期待を述べた野田佳彦内閣総理大臣発トゥイラエパ首相宛の書簡を手交したところ,トゥイラエパ首相より,独立50周年記念行事への参加に対する感謝と歓迎の意を表明しました。また,中野政務官より,在サモア大使館の開設を含め来年の日・サモア外交関係開設40周年に向け,日サモア関係を強化したい旨述べました。サモア側より,日・サモア友好議連の参加を歓迎する旨の発言がありました。
     中野政務官より,トゥイラエパ首相の第6回太平洋・島サミットへの出席及び会議の成功への貢献に謝意を述べたところ,トゥイラエパ首相より,とりわけ水や再生可能エネルギー等の分野における日本のビジネス界との関係強化への期待が表明されました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る