報道発表

ムスラヒ駐日オマーン大使による山根外務副大臣への表敬

平成24年5月21日
(写真)ムスラヒ駐日オマーン大使による山根外務副大臣への表敬-1 (写真)ムスラヒ駐日オマーン大使による山根外務副大臣への表敬-2 (写真)ムスラヒ駐日オマーン大使による山根外務副大臣への表敬-3






 本21日(月曜日)午後4時40分より約20分間,山根隆治外務副大臣は,ハーリド・アル・ムスラヒ・駐日オマーン大使(H.E. Mr. Khalid Hashil Al-Muslahi, Ambassador of the Sultanate of Oman)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,ムスラヒ大使より山根副大臣に対し,本年が日オマーン外交関係樹立40周年に当たることを受け,アラウィ・オマーン外務担当国務大臣発玄葉外務大臣宛の祝賀メッセージが手渡されました。
  2. 同メッセージにおいて,アラウィ大臣は,1972年5月7日に両国が国交を結んで以来,両国間は信頼と相互利益に基づき,様々な分野で継続的な協力関係を維持してきており,今後とも両国にとって実りある関係を構築していきたい旨述べています。
  3. 双方は,40周年を機に,日本とオマーンの二国間関係を,政治・経済のみならず,文化・科学や人的交流等の様々な分野で重層的に発展させていくことで一致しました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る