外務省: 「21世紀東アジア青少年大交流計画」インド高校生短期招聘事業の実施

報道発表

「21世紀東アジア青少年大交流計画」インド高校生短期招聘事業の実施

平成24年5月14日
  1. 5月14日(月曜日)から5月22日(火曜日)まで,「21世紀東アジア青少年大交流計画」の一環として,インド人高校生100名が来日します。
  2. 一行は,都内において日本を紹介する講義を受け,15日(火曜日)に外務省訪問を行うほか,4グループに分かれて神奈川県,三重県,滋賀県及び京都府において,それぞれ地元高校生との交流やホームステイを行う予定です。

【参考】21世紀アジア青少年大交流計画(JENESYS Programme: Japan-East Asia Network of Exchange for Students and Youths)
2007年1月に,フィリピン・セブ島で開催された第2回東アジア首脳会議(EAS)において,我が国が表明したイニシアティブ。EAS参加国(ASEAN,中国,韓国,インド,豪州,ニュージーランド)を中心に,平成19年度から5年間で毎年6,000名程度の青少年を日本に招く350億円規模の交流計画。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る