外務省: 日・SADCインフラ投資セミナー(概要)

報道発表

日・SADCインフラ投資セミナー(概要)

平成24年3月14日
 
(写真)日SADCインフラ投資セミナー(概要)-1 (写真)日SADCインフラ投資セミナー(概要)-2


  1. 本14日(水曜日)、日・SADC(南部アフリカ開発共同体)インフラ投資セミナーが開催されたところ、概要は以下のとおりです。
  2. 本セミナーでは、我が国から、加藤敏幸外務大臣政務官が主催者として挨拶を行ったほか、外務省を中心に、経済産業省や、国際協力銀行(JBIC)、国際協力機構(JICA)等の政府関係者、また、国際連合工業開発機関(UNIDO)の関係者等が参加しました。SADC側からは、議長国であるアウグスト・ダ・シルバ・トマス・アンゴラ共和国運輸大臣(H.E.Mr.Augusto da Silva Tomas, Minister of Transports)をはじめ、ジョアオ・カホロSADC事務局次長(Mr. Joao Caholo, Deputy Executive Secretary (Regional Integration), SADC Secretariat)やSADC諸国のインフラ投資関係高級実務者が参加しました。
  3. 本セミナーには、近年のアフリカ向け投資への関心の高まりを背景に、数多くの本邦企業関係者が参加し、参加者総数は約240名となりました。
  4. 本セミナーでは、まず、日本政府関係者等から、南部アフリカにおける近年のインフラ投資を巡る国際的動向や、インフラ投資への資金協力の枠組について説明がありました。これを受け、SADC側より、SADC地域の投資環境や、電力、運輸、通信、水分野を中心に具体的案件の紹介があり、成長著しいSADC地域へのインフラ投資は、日本自身にとっても大きなビジネスチャンスとなる旨説明があり、本邦企業を中心とした参加者との間で活発な意見が交わされました。
  5. 本セミナーを受け、明15日(木曜日)には個別企業とSADC各国との間でネットワーキングセッションが開催され、我が国からのインフラ投資をより具体化するための協議が行われる予定です。

セミナープログラム(場所:国際協力銀行講堂)

【第一セッション】総論

10時00分 日本側挨拶
 加藤外務大臣政務官
10時05分 基調発言
 トマス・アンゴラ共和国運輸大臣
10時10分 官民連携を通じたアフリカへのインフラ投資の重要性 資料(PDF)
 能化外務省アフリカ審議官組織参事官
10時25分 SADC 地域のインフラ投資環境 資料(PDF)
 カホロSADC 事務局次長
10時40分 経済産業省のアフリカにおける取り組み 資料(PDF)
 十時経済産業省中東アフリカ課長
10時50分 UNIDO の活動とSADC 地域における取り組み 資料1(PDF)資料2(PDF)
 国連工業開発機関(UNIDO)タス競争力向上連携ユニット長、クルール投資技術ユニット長
11時10 分 質疑応答

【第二セッション】資金調達スキームの紹介

11時30分 SADC 地域を中心とした,JBIC のアフリカにおける取組み(JBIC スキームの説明) 資料(PDF)
 国際協力銀行(JBIC)内藤インフラ・ファイナンス部門長
11時45分 SADC 地域のインフラ投資に対するJICA の支援 資料(PDF)
 国際協力機構(JICA)久津名SADC 事務局派遣JICA 専門家
12時00分 SADC 地域のインフラ投資に関するDBSA の考え方 (DBSA スキームの説明) 資料(PDF)
 南部アフリカ開発銀行(DBSA)ヌチョチョ投資部門副総裁
12時15分 質疑応答

【第三セッション】SADC 地域のインフラ投資案件(水、エネルギー分野)

14時00分 SADC 地域のエネルギー開発戦略及び投資案件の紹介 資料(PDF)
 マクンベSADC 事務局インフラ担当部長及びSADC 諸国インフラ投資関係者
14時40分 投資案件紹介(水分野) 資料1(PDF)資料2(PDF)資料3(PDF)
 マクンベSADC 事務局インフラ担当部長及びSADC 諸国インフラ投資関係者
15時20分 質疑応答

【第四セッション】SADC 地域のインフラ投資案件紹介(運輸・交通、情報通信分野)

15時50分 投資案件紹介(運輸・交通分野) 資料1(PDF)資料2(PDF)
 マクンベSADC 事務局インフラ担当部長及びSADC 諸国インフラ投資関係者
16時30分 投資案件紹介(情報通信分野) 資料1(PDF)資料2(PDF)
 マクンベSADC 事務局インフラ担当部長及びSADC 諸国インフラ投資関係者
17時10分 質疑応答
17時30分 閉会挨拶
 在京SADC 大使代表

Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る