報道発表

ロシア連邦大統領選挙の国際選挙監視活動への我が国からの参加

平成24年3月2日
  1. 我が国政府は,3月4日(日曜日)に投票が行われるロシア連邦大統領選挙に関し,ロシア連邦中央選挙管理委員会から国際選挙監視活動への招請を受け,これに参加することを決定しました。これは,我が国として,ロシアにおいて適正,公正かつ民主的な選挙が実施されることに関心を有していることを踏まえたものです。
  2. この活動には,我が国からは,外務省から2名,総務省,学識経験者からそれぞれ1名が参加する予定です。また,在ロシア日本国大使館員も選挙監視員として活動する予定です。
  3. 選挙監視員は,現地において,事前の選挙運動,投票,開票作業等の監視活動を行う予定です。

【参考1】日本からロシアへの国際選挙監視員派遣歴
 1993年 国家院選挙(22名),1995年 国家院選挙(8名),1996年 大統領選挙(2名),1999年 国家院選挙(2名),2007年 国家院選挙(3名),2008年 大統領選挙(3名),2011年 国家院選挙(2名)
 (2000年の大統領選挙,2003年の国家院選挙に際しては本邦から参加せず,大使館員が監視活動を行った。)

【参考2】ロシア連邦大統領選挙
 計5名が立候補。3月4日の選挙の結果,投票総数の過半数を得票する候補者がいない場合,上位2候補の間で決選投票が行われる。任期は,今回の選挙の結果選出される大統領から6年となる。なお,大統領就任式は5月7日の予定。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る