報道発表

ナイジェリアに対する環境・気候変動対策無償資金協力「地方給水改善計画」に関する書簡の交換

平成24年2月23日
  1. 本23日(木曜日)(現地時間同日),ナイジェリア連邦共和国の首都アブジャにおいて,我が方庄司隆一駐ナイジェリア大使と先方サラ・レン・オケペ水資源大臣(Sarah Reng Ochekpe, Honourable Minister of Water Resources)との間で,総額11億6,300万円を供与限度額とする環境・気候変動対策無償資金協力「地方給水改善計画(The Project for Improvement of Rural Water Supply)」に関する書簡の交換が行われました。
  2. ナイジェリアでは,人口増加の影響等により,安全な水の供給を受けている住民の割合が低下しており,特に都市部に比して村落部は低い水準にとどまっています。本計画の対象5州(ケッビ州,ナイジャ州,タラバ州,オンド州,エヌグ州)の村落部における現在の給水率は極めて低水準で,給水施設を持たない村落は貧困率も高い状況にあります。また,多くの住民が浅井戸や湧水等の不衛生な水を利用していることによって,下痢症やコレラ等の水因性疾患が蔓延しており,安全な水の供給が緊急の課題となっています。
  3. 本計画は,対象5州における井戸掘削・探査のための資機材の供与,給水施設の運営維持管理の強化支援等を行うものであり,これにより,対象5州において合計500箇所(各州100箇所)の給水施設が建設され,新たに合計約13万2,000人に対して安全な水の供給が可能となります。
  4. 我が国は,2008年5月の第4回アフリカ開発会議(TICADⅣ)において,アフリカ諸国における安全な水供給を支援することを表明しており,本計画はそれを具体化するものです。
  5. また,本案件は,2009年12月に表明した,気候変動対策に関する我が国の2012年までの途上国支援(短期支援)の一環です。我が国としては,COP17で得られた成果を踏まえ,すべての主要国による公平かつ実効性のある国際枠組みの構築に向け,ナイジェリアと引き続き気候変動分野で連携していきます。

(参考)
 ナイジェリア連邦共和国は, 面積約92.4万平方キロメートル, 人口約1.58億人(2010年), 人口1人当たりのGNIは1,180米ドル(2010年)。

Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る