報道発表

河相外務事務次官から韓志強在京中国大使館臨時代理大使への抗議

平成24年12月13日
  1.  本13日午後1時15分頃,河相周夫外務事務次官は,韓志強(かん・しきょう)在京中国大使館臨時代理大使を外務省へ招致し,本日午前の中国国家海洋局所属航空機による尖閣諸島上空の領空侵犯及び本日朝の同局所属公船4隻による尖閣諸島周辺領海への侵入について強く抗議を行いました。
  2.  河相次官からは,中国政府航空機による領空侵犯と中国公船による領海侵入について極めて厳重に抗議するとともに,領空侵犯及び領海侵入の再発防止,まだ領海内に残る中国公船の速やかな退去を強く求めました。
  3.  韓志強臨時代理大使は,尖閣諸島に関する中国独自の主張を述べ,申入れは受け入れられないとしつつ,河相次官からの抗議については本国に報告する,中国側として日中間の意思疎通を通じて平和的に解決したいとの考えに変更はない旨述べました。これに対し,河相次官から,尖閣諸島に関する我が国の基本的立場を述べ,中国独自の主張は受け入れられない旨述べました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る