報道発表

ジャラガニア・グルジア外務次官の浜田外務大臣政務官表敬

平成24年12月7日
ジャラガニア・グルジア外務次官の浜田外務大臣政務官表敬


12月6日午後3時30分から約45分間,浜田和幸外務大臣政務官は,ダヴィド・ジャラガニア・グルジア外務次官(Dr.David Jalagania, Deputy Minister of Foreign Affairs of Georgia)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

  1. ジャラガニア外務次官は,本年10月1日のグルジア議会選挙後に組閣された新内閣の下で,引き続き良好な日本とグルジアの二国間関係の強化に努めていきたいと述べました。
  2. これに対し,浜田政務官から,中央アジア・カスピ海地域から欧州へのエネルギー輸送回廊としての南コーカサス地域の戦略的意義を指摘した上で,同地域の平和と安定の鍵を握るグルジアの安定的発展は,日本を含めた国際社会全体にとって重要であると述べました。また,日本とグルジアの外交関係樹立20周年である本年は要人訪問や様々な行事を通じて両国関係が大きく進展した1年であったことを指摘した上で,グルジア新政権の下での両国関係の更なる強化を期待すると述べました。
  3. その他,両者はグルジア新政権による外交方針及び南コーカサス情勢等について意見交換を行いました。

(参考)グルジア議会選挙
 2012年10月1日,グルジア議会選挙が実施され,大富豪イヴァニシヴィリ氏率いる野党連合「グルジアの夢」がサーカシヴィリ大統領率いる与党「統一国民運動」を破り,150議席中,最終的には過半数以上の85議席を獲得して勝利した。10月25日にイヴァニシヴィリ首相を首班とする新内閣が組閣され,マイア・パンジキッゼ新外相が就任した。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る