報道発表

河相外務事務次官から程永華駐日中国大使への申入れ

平成24年11月4日
  1. 本4日午後2時10分頃,河相周夫外務事務次官は,程永華(てい・えいか)駐日中国大使に電話し,本日昼頃より中国公船複数隻が尖閣諸島周辺領海に侵入していること,及び中国公船による領海侵入が頻繁化していることについて強く抗議するとともに,速やかに我が国領海外へ退去するよう強く求めました。また,最近連日にわたり,中国公船が尖閣諸島周辺海域に出没し,挑発的行為を繰り返していることにつき,両国が事態の鎮静化に向けて意思疎通をする環境を損ねるものである旨述べ,事態をエスカレートさせないよう自制を求めました。
  2. これに対し,程永華大使は,アジア大洋州局長代理からも連絡を受けているとしつつ,尖閣諸島に関する中国独自の主張を述べた上で,不測の事態はあってはならないことであり,話し合いを通じて解決しなければならないと考えている旨述べました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る