報道発表

日・デンマーク外相会談

平成24年10月22日
日・デンマーク外相会談1 日・デンマーク外相会談2 日・デンマーク外相会談3






 本22日午後5時から約30分,玄葉光一郎外務大臣は,外務省において,来日中のヴィリー・ソウンダール・デンマーク王国外務大臣(H.E.Mr. Villy Søvndal, Minister for Foreign Affairs of the Kingdom of Denmark)を迎え,日本国外務省とデンマーク王国外務省との間の政務協議に関する覚書に署名し,引き続き外相会談を行いました。会談の概要は以下のとおりです。

  1. 二国間関係
    玄葉大臣より,ソウンダール大臣の初来日を歓迎し,ソウンダール大臣が今回被災地(宮城県東松島市)を訪問することにふれつつ,被災地も含め,再生エネルギー等の分野で二国間の具体的協力が進展することを期待する旨述べました。ソウンダール大臣より,玄葉大臣の言葉に感謝する旨述べた上で,両国間には,連携を強化できる分野が多くあり,その枠組みとしての政務協議に関する覚書に署名でき嬉しい,グリーン技術や福祉はデンマークが強みをもつ分野であり,公共交通機関については日本から学びたい旨述べました。
  2. 日EU経済連携協定(EPA)
     ソウンダール大臣より,日EU・EPAの早期交渉開始への支持を表明したのに対し,玄葉大臣より,同EPAへの力強い支持に感謝の意を表しました。
  3. 地域・国際情勢
     玄葉大臣より,我が国の北極評議会オブザーバー資格申請への支持を要請したのに対し,ソウンダール大臣より,日本のように北極評議会に貢献する能力を有する国のオブザーバー資格取得を支持する旨応答しました。
     両大臣は,その他,アジア情勢についても意見交換を行いました。

Adobe Acrobat Readerダウンロード Adobe Systemsのウェブサイトより、Acrobatで作成されたPDFファイルを読むためのAcrobat Readerを無料でダウンロードすることができます。左記ボタンをクリックして、Adobe Systemsのウェブサイトからご使用のコンピュータに対応したソフトウェアを入手してください。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る