報道発表

榛葉外務副大臣とエルアラビー・エジプト計画・国際協力大臣との会談

平成24年10月15日

本15日,榛葉賀津也外務副大臣は,IMF・世銀年次総会出席のため来日中のアシュラフ・エルアラビー・エジプト計画・国際協力大臣(His Excellency Dr. Ashraf El-Araby, Minister of Planning and International Cooperation of the Arab Republlic of Egypt)と会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 榛葉副大臣は,東日本大震災に際するエジプトからの支援に改めて謝意を表明しつつ,昨年のエジプトにおける歴史的変革を踏まえ,我が国は雇用創出,産業育成,人材育成に資する支援を実施しており,今後もエジプトの改革努力を引き続き支援していく旨述べました。また,我が国が支援しているエジプト・日本科学技術大学(E-JUST)プロジェクトが,エジプトや中東・アフリカ地域の経済発展をリードする人材の育成に貢献することを期待し,同プロジェクトの進展を希望する旨述べました。
  2. エルアラビー計画・国際協力大臣は,日本政府及び国民の東日本大震災を乗り越える力強さに敬意を表する旨述べた上で,エジプトにおける民主的体制移行プロセスとともに,経済面における改善への取組について説明し,改めて日本の経済支援に対する謝意を述べつつ,こうした支援の継続への期待を示しました。また,経済改革における民間セクターの役割の重要性に言及するとともに,投資環境の改善への取組について述べ,日本からの投資の倍増を期待する旨述べました。また,科学技術分野における人材を育むE-JUSTを誇りとし,同大学プロジェクトの成功に向け尽力する考えを表明しました。

参考)エジプト・日本科学技術大学(E-JUST)プロジェクト
我が国の技術協力により,アレキサンドリア近郊に,日本式工学教育・研究活動を行うエジプト国立の科学技術大学を設立するプロジェクト。中東,アフリカ地域における中核的研究教育拠点となることが期待されている。2010年6月開校。我が国は,早稲田大学,九州大学をはじめ12大学からなる支援組織を設立し,JICAを通じ専門家及び教員派遣,機材供与を実施。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る