報道発表

米国人元戦争捕虜(POW)による玄葉外務大臣表敬

平成24年10月15日
米国人元戦争捕虜(POW)による玄葉外務大臣表敬 1


本15日午後11時40分から約15分間,外務省の招聘で来日中(10月13日から21日まで)の米国人元戦争捕虜(POW)7名及びその配偶者等計14名が,玄葉光一郎外務大臣を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,玄葉大臣より,来日を歓迎し,本プログラムは今回で三回目を迎える,このプログラムを通じて皆様の日本に対する「心の和解」を促進できることを願っている旨述べるとともに,特に戦争捕虜として悲惨な経験をされた皆様が多大な損害と苦痛を受けたことに対し,改めて心からのお詫びを申し上げる旨述べました。玄葉大臣は,さらに,より良い日米関係のために関係者との和解に向けて引き続きしっかり取り組み,今後も本プログラムを続けていきたい旨述べました。
  2. 一行を代表してダグラス・ノータム氏(Mr.Douglas Northam)より,本招聘プログラムは価値あるものであり,今後も継続することを期待する旨述べ,大臣に対し,友好を記念するメダルが手交されました。
  3. その後,玄葉大臣と一行の間で,忌憚のない率直な意見交換が行われました。
このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る