報道発表

榛葉外務副大臣とオトルバエフ・キルギス第一副首相との会談

平成24年10月12日
榛葉外務副大臣とオトルバエフ・キルギス第一副首相との会談1 榛葉外務副大臣とオトルバエフ・キルギス第一副首相との会談2




本12日午後4時20分から約30分間,榛葉賀津也外務副大臣は,IMF・世銀年次総会出席のため来日中のジョオマルト・オトルバエフ・キルギス第一副首相(H.E. Mr. Djoomart OTORBAEV, First Vice Prime Minister of the Kyrgyz Republic)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

1.冒頭,榛葉副大臣より,本年外交関係樹立20周年を迎えた両国は様々な分野において二国間関係を発展させてきた旨述べました。また,東日本大震災に際してのキルギスからの迅速な支援に対し,心からの感謝の意を表明しました。

2.オトルバエフ第一副首相からは,日本が長年にわたり,キルギスの民主化,市場経済化を一貫して支援してきたことに対する深い謝意を表明するとともに,今後も民主化,市場経済化に向け努力していく旨述べました。更に,投資の拡大を含めた日本との経済関係強化に向けた期待が表明されました。

3.これに対し,榛葉副大臣より,今後も政治,経済,文化面における協力を推進していきたいとの意向を示すとともに,その意味でも東京で開催される予定の「中央アジア+日本」対話・第4回外相会合は極めて重要な機会であり,キルギスをはじめとする中央アジア諸国とこの枠組みを通じて着実に協力を進めていきたい旨述べました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る