報道発表

タンザニア連合共和国に対する無償資金協力に関する書簡の交換(「貧困削減戦略支援無償」)

平成23年12月5日
  1. 本5日(月曜日)(現地時間同日),タンザニア連合共和国のダルエスサラーム市において,我が方岡田眞樹駐タンザニア大使と先方ムスタファ・ムクロ財務大臣(Mr. Mustafa H. Mkulo, Minister for Finance)との間で,合計1億5,000万円の無償資金協力(内訳 地方自治体開発交付金:1億円,地方行政改革第二フェーズ:5,000万円)に関する書簡の交換が行われました。
  2. タンザニア政府は,地方行政改革を優先課題とし,貧困削減戦略を実施しています。この協力は,そうしたタンザニア政府が策定する開発,財政の総合計画である貧困削減戦略文書の課題の実施・達成を包括的に支援するため,地方自治体開発,及び地方行政改革の2つの分野を対象として財政支援を行うものです。
  3. この協力を通じ,我が国がこれまで実施してきている技術協力の成果を活かしつつ,タンザニア政府の優先課題に対する政策の実施やその全国的な展開等への支援を強化することにより,開発効果を高めることが期待されます。

(参考)タンザニア連合共和国はアフリカ東岸に位置し,面積約94.5万平方キロメートルを有し,人口は約4,374万人(世銀,2009年),一人当たりGNI(国民総所得)は530米ドル(世銀,2010)。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る