報道発表

マダニ・サウジアラビア外務担当国務大臣による玄葉外務大臣への表敬訪問

平成23年11月30日
(写真) (写真)




 本30日(水曜日)午後6時40分から約10分間,玄葉光一郎外務大臣は,第1回日・サウジアラビア外務省間協議出席のため来日中のニザール・ビン・オベイド・マダニ・サウジアラビア外務担当国務大臣(H.E. Dr.Nizar bin Obaid Madani, State Minister for Foreign Affairs)の表敬を受けたところ,概要以下のとおりです。表敬には,日本側から,嘉治中東アフリカ局参事官,中込中東第二課長ほか,サウジアラビア側から,トルキスターニ駐日サウジアラビア大使ほかが同席しました。

  1. 冒頭
    (1)玄葉大臣より,スルタン皇太子の薨去に対するお悔やみを述べるとともに,東日本大震災に際してのサウジアラビアによる支援に感謝の意を表しました。
    (2)マダニ大臣より,佐々江外務次官との会談、藤村内閣官房長官表敬訪問や関係議員との会見などの様々な行事を含め、今回の訪日は大変実り多いものであり喜んでいる旨述べました。
  2. 二国間関係
    (1)双方は,政策対話の強化等を通じて,日・サウジアラビア関係の一層の強化を目指すことで一致しました。
    (2)サウジアラビアは次期湾岸協力理事会(GCC)議長国であることもあり,日本とGCC間の協力も強化を目指すことで一致しました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る