報道発表

日エクアドル外相会談(概要)

平成22年9月6日
(写真)日エクアドル外相会談 (写真)日エクアドル外相会談




本6日(月曜日),午前10時より10時50分まで,岡田克也外務大臣は,コレア・エクアドル大統領(Mr. Rafael Vicente Correa Delgado, Constitutional President of the Republic of Ecuador)に同行して来日中のパティーニョ・エクアドル外務大臣(Mr. Ricardo Armando Patiño Aroca, Minister of Foreign Affairs, Trade and Integration)と外務省において会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,岡田大臣より,コレア大統領の訪日をきっかけとして両国関係の一層の発展を期待する旨述べたのに対し,パティーニョ外相より,今回の同大統領訪日に多数の閣僚が同行していることはアジア重視の現れであると述べるとともに,エクアドルにおける日・ブラジル方式の地デジ採用を喜んでいる旨述べました。
  2. 岡田大臣より,今回エクアドル側が実施する投資セミナーや商談会を通じて,日本企業のエクアドルに対する関心が高まることを期待する旨述べるとともに,この点,エクアドル側の投資環境の整備の重要性を指摘しました。これに対し,パティーニョ外相は,コレア政権はエクアドルにおける久しぶりの安定政権であることを強調しつつ,新憲法下における新たな法制度の下で,外国企業の利益も適切に保護される旨述べました。
  3. 岡田大臣より,気候変動に関し,米中を含む主要排出国が参加する公平かつ実効性のある国際的枠組みを構築することの重要性を述べたのに対し,パティーニョ大臣は,日本の取り組みを評価するとともに,エクアドルの立場は日本の立場と共通点が多く,種々の場で協議していきたいと述べました。
  4. その他,岡田大臣より安保理改革の重要性を指摘し,パティーニョ大臣より,安保理改革を含む国連改革,軍縮,文化面等種々の分野で協力していくことの重要性が強調されました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る