報道発表

開発のための国際金融取引に関するタスクフォース閣僚級会合への西村外務大臣政務官の出席

平成22年8月31日
  1. 西村智奈美外務大臣政務官は,9月1日(水曜日)にパリで開催される開発のための国際金融取引に関するタスクフォース閣僚級会合に出席するため,フランスを訪問する予定です。
  2. 今回の閣僚級会合では,国際金融取引に関連する革新的資金調達の可能性等について意見が交わされる予定です。

【参考】 開発のための国際金融取引に関するタスクフォース

ミレニアム開発目標(MDGs)達成のためには伝統的ODAのみでは資金量が十分ではないとの認識から,民間資金も含めODA以外からの資金調達が重要との認識が広まり,「開発のための革新的資金調達に関するリーディング・グループ」(以下LG,本年6月より我が国が議長国)等において革新的開発資金メカニズムに関する各種イニシアティブ(航空券連帯税等)について活発に議論が行われている。このような国際的な流れを受け,国際金融取引に関する各種メカニズムについて意見交換を行う場として,本タスクフォースが設立された。閣僚級会合は,昨年10月22日にパリで開催された会合に続き,今回が2回目。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る