報道発表

ウィラード米太平洋軍司令官の岡田外務大臣表敬

平成22年8月24日
(写真)ウィラード米太平洋軍司令官の岡田外務大臣表敬 (写真)ウィラード米太平洋軍司令官の岡田外務大臣表敬




本24日(火曜日),来日中のロバート・ウィラード(Admiral Robert Willard)米太平洋軍司令官(海軍大将)が,岡田克也外務大臣を表敬したところ,概要以下のとおりです(米側から,ルース駐日米大使,日本側から,梅本北米局長他同席)。

  1. 表敬においては,岡田大臣から,菅内閣は,引き続き日米関係を外交の基軸とし,日米同盟を深化・発展させていくことを明確にしており,日米安保協力を着実に進めていきたい旨述べました。これに対し,ウィラード司令官から,今般のパキスタンへの自衛隊ヘリの派遣は時宜を得たものであり、強い印象を受けた、また、日米同盟はアジア太平洋地域にとり重要であり、日米同盟を更に強化していきたい旨述べました。
  2. 在日米軍再編については,岡田大臣から,普天間飛行場の移設については,日米合意に基づき実施していく、また、沖縄の方々の理解を得られるよう努力している旨述べました。また,この在日米軍再編を含め,日米安保に関する様々な課題につき,今後とも緊密に連携・協力していくことを確認しました。
  3. 北朝鮮を含む地域情勢についても意見交換が行われ,引き続き日米間で緊密に連携していくことを確認しました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る