報道発表

藤村外務副大臣とオケロ・ウガンダ共和国国際問題担当国務大臣との会談

平成22年8月23日
(写真)オケロ・ウガンダ共和国国際問題担当国務大臣との会談 (写真)オケロ・ウガンダ共和国国際問題担当国務大臣との会談




/mofaj/press/release/logo/ticado.jpg

本23日(月曜日)午後2時より約30分間,藤村外務副大臣は,来日したオケロ・ウガンダ共和国国際問題担当国務大臣(Hon. Henry Oryem Okello, Minister of State for International Affairs of the Republic of Uganda)と会談を行いました。

  1. 藤村副大臣は,オケロ国務大臣の初訪日を歓迎するとともに,第4回アフリカ開発会議(TICADⅣ)の公約を必ず実現し,ウガンダに対しても引き続き人的資源開発,基礎生活向上,経済基礎インフラ整備,ネリカ稲支援を含む農業開発等を実施していく旨述べました。また,ソマリア情勢についても,ソマリアの和平実現に向けて協力していきたい旨述べました。
  2. これに対して,オケロ国務大臣より,日本国政府による招待に対する謝意を表すとともに,これまでのTICADの枠組みにおける日本からの様々な支援に対して大変感謝している,ソマリアについてはウガンダとしても引き続き積極的に関与し,ソマリア和平に貢献したい旨述べました。また,現在ウガンダ政府が力を入れて取り組んでいる農産物の付加価値作り等,今回予定されている様々な視察を通じて,日本から多くのことを学ぶ機会にしたい旨述べました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る