報道発表

ファトラヒ・イラン外務次官による岡田大臣への表敬

平成22年7月15日
(写真)ファトラヒ・イラン外務次官による岡田大臣への表敬 (写真)ファトラヒ・イラン外務次官による岡田大臣への表敬




本15日(木曜日),14時10分頃から約30分間,岡田克也外務大臣は,外務省において,来日中のファトラヒ(H. E. Dr. Mohammad Ali Fathollahi)イラン外務次官(アジア大洋州担当)と会談を行いました。

  1. (1)会談において,岡田大臣から,両国の伝統的な関係に言及の上,率直な意見交換を通じて両国関係が深まることを期待すると述べました。

    (2)また,イランの核問題に関しては,約20%ウラン濃縮活動の停止を含め,イランの原子力活動に関する国際社会の疑念を払拭する努力を続けてほしい旨述べつつ,イランが同問題を解決し,国際社会に広く尊敬される国家となることを希望する旨述べました。
  2. (1)これに対し,ファトラヒ外務次官から,両国間の様々なレベル及び分野における協議を継続していきたい旨述べるとともに,アフガニスタン復興支援に関し,日本との協力を進める旨述べました。

    (2)核問題については,同国の基本的な立場について主張があり,また,問題の外交的な解決に向け対話を継続していく旨の発言がありました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る