報道発表

スーダン国際平和協力隊の派遣延長

平成22年6月22日
  1. 本22日(火曜日),我が国政府は,国連スーダン・ミッション(UNMIS)への自衛隊員2名の派遣期間を1年間延長することを閣議において決定しました。
  2. 我が国は,国際平和協力法に基づき,平成20年10月から,UNMISに対し,司令部要員として2名の自衛官を派遣しています。本年4月,国連安保理がUNMISの活動期間を1年間延長する決定をしたことを受け,今般,我が国自衛隊員の派遣期間を延長することとしたものです。
  3. 国際平和協力法によるUNMISへの要員派遣は,国際社会の責任ある一員として,スーダンにおける南北和平に貢献するとともに,スーダンとの二国間関係の更なる強化に資するものです。更に同ミッションは,アフリカ全体の平和と安定にも重要な貢献を行うものと期待され,意義深いものです。

(参考1) 国連スーダンミッション(UNMIS:United Nations Mission in Sudan)概要

スーダンにおいては,平成17年1月,スーダン政府とスーダン人民解放運動・軍との間で南北包括和平合意(CPA)が署名され,内戦が終結。これを受けて,同年3月,CPAの履行支援等を任務とするUNMISを設立(最大1万名規模,安保理決議第1590号)。CPA履行上の重要課題(南北境界線の画定,DDR(武装解除,動員解除,社会復帰),住民投票の実施等)について,当事者による取組の進展のみならず,国際社会の関与の継続が必要不可欠。

(1)設立年月日 2005年3月24日(安保理決議第1590号)
(2)活動期限  2011年4月30日(安保理決議第1919号)
(3)任務
  (ア)南北包括和平合意の履行の支援
  (イ)難民及び国内避難民の自発的帰還の促進・調整
  (ウ)地雷除去分野における支援
  (エ)人権の擁護,文民の保護に向けた国際的努力に関する貢献・調整 等
(4)派遣国(2010年5月末時点) 67ヶ国(G8(除く仏伊※),中,韓等)約10,600人(※ただし仏伊は過去に派遣)

(参考2)我が国は,UNMIS司令部(ハルツーム)の以下のポストに各1名を派遣している。

(1)軍事部門司令部において軍事部門の兵站全般の需要に関するUNMIS部内の調整に当たる「兵站幕僚」
(2)国連事務総長特別代表室・情報分析室においてデーターベースの保守管理に当たる「情報幕僚」

このページのトップへ戻る
目次へ戻る