報道発表

明石政府代表のスリランカ・インド派遣

平成22年6月14日
  1. 昨年5月に,25年以上に及ぶ内戦が終結したスリランカにおいては,本年1月の大統領選挙,4月の総選挙を経て,ラージャパクサ(H.E.Mr. Mahinda Rajapaksa)大統領率いる新政権が発足しました。この新政権発足を受け,我が国は,6月15日(火曜日)から6月21日(月曜日)にかけて,明石康政府代表(スリランカの平和構築及び復旧・復興担当)をスリランカ及びインドに派遣することを決定しました。
  2. スリランカ滞在中,明石政府代表は,政府や野党関係者等と会談を行い,スリランカ政府が,恒久的な平和の構築に向けて,国内避難民の再定住や国民和解のための政治プロセスを進展させるよう働きかけ,併せて北部州の国内避難民再定住地を視察する予定です。また,インドでは,政府関係者とスリランカ情勢につき意見交換を行う予定です。
  3. 今次訪問は,明石政府代表にとり20回目のスリランカ訪問となります。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る