報道発表

岡田外務大臣とキエム・ベトナム副首相兼外相との電話会談

平成22年6月9日

/mofaj/press/release/logo/apec2010.jpg

  1. 冒頭,岡田大臣から,外務大臣再任にあたり早々に祝辞を頂き感謝申し上げる,菅新政権においてもベトナムとの関係重視の方針に変わりはない旨述べ,キエム副首相兼外相から,外務大臣再任を改めて祝福したい,菅新政権の下,日本の経済が引き続き発展し,国際社会においてもますます大きな役割を果たすことを確信している,ベトナムは引き続き日本を戦略的パートナーとして最も重要な国の一つであると認識している旨述べました。
  2. 岡田大臣から,7月のASEAN関連外相会議等に出席するためベトナムを訪問する予定であり,その際キエム副首相兼外相との間で種々意見交換したい,菅総理も10月のASEAN関連首脳会議の際にベトナムを訪問できることを楽しみにしている旨述べました。キエム副首相兼外相から,岡田大臣及び菅総理のベトナム訪問を重視しており,成功させるよう周到に準備したい旨述べました。
  3. 岡田大臣から,本9日,ハノイで日越原子力協定締結のための非公式協議が開催されており,同協定及びベトナムによる核不拡散,原子力安全及び核セキュリティに関する国際条約の早期締結を期待している,ベトナムの原子力発電所建設に官民挙げて協力していく方針であり,日本の参画につき早期に前向きな回答を頂きたい旨述べました。キエム副首相兼外相から,日本の原子力発電における高い技術と安全性を高く評価している,この分野における日本の協力に感謝しており,戦略的パートナーシップに基づいて日本の提案を真剣に検討している旨述べました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る