報道発表

西村外務大臣政務官の国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)第66回総会への出席

平成22年5月17日
  1. 西村智奈美外務大臣政務官は,5月17日(月曜日)から5月18日(火曜日)まで,大韓民国(仁川)において開催される国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)第66回総会に,我が国の首席代表として出席します。
  2. この総会には,ESCAPに加盟している62の国又は地域から閣僚級の代表が出席する予定であり,「ミレニアム開発目標(MDGs)達成における課題への取組」というテーマの下,ミレニアム開発目標の達成に向けた各国の取組等が討議される予定です。

【参考】国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)

(1)国連経済社会理事会の地域委員会の一つとして,アジア太平洋地域の経済・社会開発のための協力を目的に1947年に設立されたECAFE(国連アジア極東経済委員会)が前身。1974年にESCAP(国連アジア太平洋経済社会委員会)と改称された。

(2)ESCAP総会は,毎年1回開催されており,今回は5月13日(木曜日)から19日(水曜日)に行われる。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る