報道発表

岡田外務大臣とメリドール・イスラエル副首相兼諜報相との会談

平成22年4月26日
(写真)岡田外務大臣とメリドール・イスラエル副首相兼諜報相との会談 (写真)岡田外務大臣とメリドール・イスラエル副首相兼諜報相との会談




  1. 岡田外務大臣は,4月26日(月曜日)15時00分から約45分間,来日中のメリドール・イスラエル副首相兼諜報相と会談を行いました。
  2. 岡田大臣より,イスラエルは中東地域の平和と安定を実現する上でキープレーヤーであり,様々な意味で関係を深めていきたい,2012年は日・イスラエル国交樹立60周年である旨述べました。
  3. メリドール副首相よりイランの核開発の危険性を指摘しつつ,国連安保理が迅速に,十分有効な決議を採択することが必要であり,この点で日本にも支援して欲しい旨述べました。
  4. これに対し,岡田大臣より,イランの核問題の現状を深刻に懸念しており,「対話」のみならず「圧力」も考えるべき時期に至っている,我が国として,国連安保理で役割を果たしていきたい旨述べました。
  5. この他,中東和平問題についても議論し,その中で,メリドール副首相より,我が国の対パレスチナ支援は,イスラエルにとっても重要である旨述べました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る