報道発表

タイ・バンコク情勢(カシット・タイ外相発岡田外務大臣宛書簡の接到及び岡田外務大臣発カシット外相宛返書の発出)

平成22年4月11日
  1. 4月10日(土曜日)に発生したタイの首都バンコクにおけるデモ隊と治安部隊の衝突に伴い、多数の死傷者が生じ、その中で日本人ジャーナリストの村本博之氏が死亡した件について、11日(日曜日)午後、カシット外相発岡田外務大臣宛書簡が接到しましたところ、概要は以下のとおりです()。
    (1)村本博之氏の死に深い悲しみを覚え、心からの弔意とお悔やみを表する。
    (2)村本氏の遺体を日本に移送するための書類等あらゆる必要な手続きについて、関係機関が準備。
    (3)村本氏の死に係る原因や状況についての徹底的かつ完全な捜査を必ず実施。
    (4)タイにおける外国人の安全に最大の関心を払う。
  2. これを受けて、11日夜、岡田外務大臣発カシット外相宛書簡を発出したところ、概要は以下のとおりです。
    (1)今回のような衝突の事態が発生したことに憂慮。
    (2)一日も早い秩序と安定の回復を期待。
    (3)日本人の安全について万全を期すよう要請。
    (4)村本博之氏が取材中に亡くなられたことは遺憾。村本氏が亡くなった状況及び原因につき、タイ政府が徹底した真相究明を行うこと及び右結果を早急に知らせることを希望。
    (5)以上についてのカシット外相の最大限の協力を要請。

)本件は、11日朝、ウィーラサック在京タイ大使から猪俣南部アジア部長に対し伝達されたカシット外相発岡田外務大臣宛メッセージに続き、改めて書簡の形で送付されたもの。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る