報道発表

日アフガニスタン政策協議(ハキミ・アフガニスタン外務副大臣と伴野外務副大臣との会談)

平成22年12月20日
(写真)日アフガニスタン政策協議 (写真)日アフガニスタン政策協議




本20日(月曜日),日アフガニスタン政策協議が行われ,冒頭,伴野豊外務副大臣は,訪日中のハキミ・アフガニスタン外務副大臣(H.E. Mr. Eklil Ahmad HAKIMI,Vice Minister of Foreign Affairs,Islamic Republic of Afghanistan)と会談を行ったところ,概要以下のとおりでした。

  1. 伴野副大臣から,本件政策協議は,カルザイ大統領訪日時の日アフガニスタン首脳共同記者発表に盛り込まれたものであり,今回が第一回目の開催となったこと,また本件政策協議ではアフガニスタン支援のみならず幅広い分野で二国間関係の更なる強化に向けた議論を行っていきたい旨述べました。
  2. これに対してハキミ外務副大臣からは,日本が多大なアフガニスタン支援を行っていることについて,アフガニスタン政府及び国民を代表して感謝する旨述べるとともに,日本国民の税金を原資とするこれら支援の適正な執行に向け,透明性の確保及び説明責任を積極的に果たしていくと述べました。
  3. 伴野副大臣から,アフガニスタンにおける水,食糧及び医療をはじめとした生活基盤の整備及び治安の確保は,世界の安定に繋がる課題であり,同問題に取り組むことは,日本自身の安定にも深く関わっているものと認識していること,また日本の戦後復興の例を挙げつつ,アフガニスタンの今後の世代のためにも,まずアフガニスタンが団結して国造りに邁進することを期待する旨述べました。
  4. これに対してハキミ外務副大臣からは,アフガニスタンは過去の戦争を経て,国民一人一人が復興の決意を有していること,また日本との協力強化に向けた本件協議を今後も継続するものとしていきたいと述べました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る