報道発表

前原外務大臣とチャン世界保健機関(WHO)事務局長との会談

平成22年11月18日

11月17日(水曜日)午後8時から約1時間半,前原誠司外務大臣は,飯倉公館において,訪日中のマーガレット・チャン世界保健機関事務局長(Dr. Margaret Chan, Director-General, World Health Organization)と夕食会を行ったところ,概要は以下のとおりです。

  1. 前原大臣は,国際保健分野においてWHOが果たしている役割を評価するとともに,保健関連のミレニアム開発目標を達成するための取組を,WHOとの協力関係を強化しつつ進めていきたいと述べました。
  2. これに対し,チャン事務局長より,我が国のWHOに対する貢献に謝意を表明しました。また,9月に菅直人総理大臣が発表した新たな国際保健政策を高く評価しこれを歓迎するとともに,母子保健,三大感染症等の目標達成に向けて,WHOとしても日本と協力していきたいと述べました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る