報道発表

インドネシア・イスラム寄宿塾教師の訪日

平成22年10月12日
  1. 10月13日(水曜日)より23日(土曜日)まで,インドネシアのイスラム寄宿塾(プサントレン)の教師一行が,外務省の招へいにより来日します。
  2. イスラム寄宿塾教師一行は,都内及び関西の学校を訪問する他,東大寺訪問,有識者・大学生との意見交換,ホームステイ,伝統文化体験,企業視察,防災関連施設の視察などを行います。
  3. 本件招へいは,インドネシア各地域におけるオピニオン・リーダーであるイスラム寄宿塾教師を招へいし,教育分野における日インドネシア間の交流,相互理解の促進を図るとともに,インドネシアの教育分野の一翼を担うイスラム寄宿塾の教育の質の向上,及び穏健なイスラム・コミュニティの発展を支援するものです。
  4. 本事業は,平成16年から毎年実施しています。其々の経験を帰国後の教育現場で活かしていることに加え,日本に対する親近感が高まっているなど,参加者からも高い評価を得ています。

(参考)プサントレンは,著名なイスラム導師よりイスラムを学ぶことを目的とした寄宿制のコミュニティー。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る