報道発表

ブルキナファソにおける洪水被害に対する緊急援助

平成21年9月9日
  1. 本9日(水曜日)、我が国政府は、ブルキナファソにおいて、集中豪雨による大規模な洪水被害が発生したことを受け、同国政府に対し、約1,400万円相当の緊急援助物資(テント、プラスチックシート、毛布、浄水器、ポリタンク)を供与することを決定しました。
  2. ブルキナファソでは、首都ワガドゥグーを中心に、前例のない集中豪雨によって発生した洪水により、同国政府の発表によれば、ワガドゥグー及び近郊にて約2万戸の家屋の損壊、ダムや橋梁の損壊、病院や発電所を始めとする公共施設の浸水等の被害が生じており、被災者は約15万人にものぼる見込みです。
    このような状況下、食料や医薬品等の物資も不足し、多くの被災者が不自由な避難生活を強いられていることから、同国政府は、被災者の支援に全力を挙げるとともに、我が国政府に対して緊急援助を要請しました。
  3. 我が国としては、同国政府の要請を踏まえ、被災者に対する人道的支援の観点及び我が国とブルキナファソとの友好関係にかんがみ、同国に対し緊急援助を行うこととしました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る