報道発表

ニカラグア共和国に対する一般文化無償資金協力に関する交換公文の署名式

平成21年7月29日
  1. 7月29日(水曜日)(現地時間28日)、ニカラグアの首都マナグアにおいて、我が方斎藤伸一駐ニカラグア国大使と先方サムエル・サントス・ロペス外務大臣(Samuel Santos López, Ministro de Relaciones Exteriores)との間で、5,840万円を限度とする一般文化無償資金協力「ニカラグア柔道連盟柔道器材整備計画(Proyecto para el Mejoramiento de Equipos de Judo de la Federación Nicaragüense de Judo)」に関する交換公文の署名式が行われました。
  2. スポーツは次世代を担う青少年の心身の健全育成のために各国で奨励されており、礼儀・規律が身に付く日本の伝統武道、特にオリンピック種目でもある柔道は海外でも広く愛好されています。我が国は、伝統武道である柔道の普及を日本理解の促進に繋がるものとして積極的に支援しています。
  3. ニカラグアでは、貧困層の青少年の健全育成の手段としてスポーツ、特に心身の鍛錬を重視する武道を推奨しています。ニカラグア柔道連盟は首都圏のみならず地方への柔道普及に努めていますが、柔道畳等柔道器材が不足しており、練習環境の整備が急務となっています。本計画の実施により、ニカラグアでは青少年がより適切な環境で柔道に取り組むことが可能となります。また、ニカラグアにおいて柔道を通じた人的交流や日本独自の文化・精神への関心の高まりが促進することが期待されます。

(参考) ニカラグア共和国は、面積約12.9万平方キロメートル、人口約514万人(2005年)、1人当たりのGNI(国民総所得)は980米ドル(2007年)。

このページのトップへ戻る
目次へ戻る