報道発表

ブラジルに対する円借款の供与

平成21年7月14日
  1. 我が国政府は、ブラジル連邦共和国に対し、以下の2案件、総額206億3,400万円を限度とする額の円借款を供与することとし、このための書簡の交換が、7月14日(火曜日)、ブラジリアにおいて、我が方新井辰夫在ブラジル国臨時代理大使と先方アモリン外務大臣(His Excellecy Mr. Celso Luiz Nunes Amorim, Minister for External Relations)との間で行われました。
  2. 対象案件の概要
    (1)ビリングス湖流域環境改善計画(62億0,800万円)
    サンパウロ州サン・ベルナルド・ド・カンポ(SBC)市ビリングス湖北部流域の下水道を整備することにより、サンパウロ大都市圏の給水源の水質改善、流域住民の生活環境の向上及び周辺の自然環境の保全を図るものです。
    (2)サンタ・カタリーナ州沿岸部衛生改善計画(144億2,600万円)
    ブラジル南部サンタ・カタリーナ州沿岸部に所在する計7市において、下水処理システムの新設・拡張を行うことにより、衛生状態の改善、生活環境の向上、自然環境の保全を図るものです。
  3. 供与条件
    (1)対象案件:上記2.(1)
     (イ)金利:年1.2%(優先条件)(コンサルティングサービス部分については、年0.01%)
     (ロ)償還期間:25年(7年の据置期間を含む。)
     (ハ)調達条件:一般アンタイド
    (2)対象案件:上記2.(2)
     (イ)金利:年1.2%(優先条件)(コンサルティングサービス部分については、年0.01%)
     (ロ)償還期間:25年(7年の据置期間を含む。)
     (ハ)調達条件:一般アンタイド
このページのトップへ戻る
目次へ戻る