報道発表

シャハリスターニー・イラク石油大臣、ハリーリー同国産業鉱物資源大臣一行の中曽根外務大臣との会談

平成21年7月10日

(写真)

  1. 本10日、中曽根外務大臣は、同日午前に都内で開催されたイラク投資セミナー出席のため訪日中のシャハリスターニー・イラク石油大臣、ハリーリー同国産業鉱物資源大臣他一行と会談を行いました。
  2. 会談では、中曽根外務大臣より概要以下の通り発言しました。
    (1)イラク投資セミナーの機会に訪日された一行を歓迎し、セミナーを通じ日本企業のイラク進出が促進されることを期待している。
    (2)イラクの治安情勢が全般的に改善傾向にあることは喜ばしい。ビジネス関係の強化は、中長期的な両国の戦略的パートナーシップ関係構築にとり重要であり、貴国と協力して取り組んで参りたい。
  3. これに対し、先方より概要以下の通り発言がありました。
    (1)自衛隊の派遣を含む日本の対イラク復興支援に感謝申し上げる。
    (2)治安情勢も改善しており、今後は日本の民間企業による活躍の機会は極めて大きい。石油・ガス分野のみならず、道路、橋、空港、港湾などのインフラ整備が急務の課題であるところ、日本企業による進出を強く期待する。イラク政府としても日本企業のイラク進出に最大限の配慮を行う考えである。
    (3)これは日本企業が優れているからのみならず、緊密な日本とイラクの二国間関係の更なる強化が、両国の国益に資すると考えるからである。
  4. その他、両者は、両国経済・ビジネス関係の強化のために双方が努力していくことを確認し、和やかな雰囲気の中で会談を終えました。

【参考】

  1. 中曽根外務大臣は10日午前に開催されたイラク投資セミナーにメッセージを発出(小川イラク復興支援等調整担当大使代読、別添1
  2. 今般のイラク投資セミナーの開催に際し、両国関係者による共同プレス発表を発出(別添2
このページのトップへ戻る
目次へ戻る