報道発表

伊藤外務副大臣の世界貿易機関(WTO)及び国連関係会合出席

平成21年7月3日
  1. 伊藤信太郎外務副大臣は、7月5日(日曜日)から8日(水曜日)まで、スイス・ジュネーブに出張し、WTO及び国連関係会合に出席する予定です。
  2. WTOでは、7月6日、7日に、第2回「貿易のための援助」グローバル・レビュー会合が開催され、途上国が多角的貿易体制から利益を得て経済成長を達成するために必要不可欠な、貿易分野の途上国支援について議論が行われる予定です。副大臣からは、我が国のこれまでの積極的な取り組みや今後の対応を説明する予定です。
  3. また、WTOドーハ・ラウンド交渉は、先月のパリでの非公式閣僚会合において交渉の加速が議論され、今後重要な局面を迎えつつあります。こうした状況において、副大臣はラミーWTO事務局長をはじめとするWTO関係者と意見交換を行い、我が国としての考え方を積極的に主張する予定です。
  4. 国連経済社会理事会閣僚級会合は、国際的に合意された開発目標(ミレニアム開発目標(MDGs)を含む)の達成にむけた進展を閣僚レベルで検討・評価するものです。同会合の本年のテーマは、我が国も重視している「国際保健」であり、副大臣より北海道洞爺湖サミット及びそのフォローアップをふまえた我が国の国際保健への積極的な取組について、プレゼンテーションを行う予定です。

(伊藤副大臣の出張日程(案))

このページのトップへ戻る
目次へ戻る