報道発表

モンゴルに対する円借款の供与

平成21年6月30日
  1. 我が国政府は、モンゴル国政府に対し、同国の経済社会開発努力を支援するため、28億9,400万円を限度とする円借款(社会セクター支援プログラム)を供与することとし、このための書簡の交換が、6月30日(火曜日)、ウランバートルにおいて、我が方城所卓雄駐モンゴル国大使と先方サンガジャブ・バヤルツォグト大蔵大臣(Mr. Sangajav BAYARTSOGT, Minister of Finance )との間で行われました。
  2. 案件の概要及び重要性
    本件は、金融危機下における財政支援の一環として、財政危機が貧困層に与えている負の影響を踏まえ、アジア開発銀行(ADB)と協調し、貧困層向けの基礎的な社会サービス改善及び社会セクター支出確保のための改革を支援することにより、貧困層の保護及び今後起こりうる財政危機への対応強化を図るものです。
    なお、今回の円借款は、本年4月に麻生太郎総理が表明したアジアの「成長構想」の実現に向けた2兆円規模のODA支援の一環として行われるものです。
  3. 供与条件
    (1)金利:年0.8%
    (2)償還期間:30年(10年の据置期間を含む。)
    (3)調達条件:一般アンタイド
このページのトップへ戻る
目次へ戻る