報道発表

中曽根外務大臣とデイ・カナダ国際貿易大臣兼アジア太平洋ゲートウェイ担当大臣との会談について

平成21年4月9日

(写真) (写真)

4月9日午後3時50分から約30分間、中曽根外務大臣は、来日中のデイ・カナダ国際貿易大臣兼アジア太平洋ゲートウェイ担当大臣と会談を行いました。

  1. 会談では、両大臣は、世界経済及びアジア太平洋地域の経済の回復・成長に向けて、日・カナダ両国が緊密に協力していくことで一致しました。また、デイ大臣から、本年の天皇皇后両陛下のカナダ御訪問を心待ちにしている旨述べました。
  2. 特に、中曽根大臣から、アジア太平洋地域での安定的な経済関係を構築することが重要であり、エネルギー・食料供給面でカナダを重視していること、その観点から、カナダが推進しているアジアとカナダを結ぶ「アジア太平洋ゲートウェイ戦略」を歓迎する旨述べました。また、中曽根大臣から、4月2日のロンドン・サミットの成果に言及しつつ、保護主義への対抗が重要である旨述べました。これに対し、デイ大臣は、「アジア太平洋ゲートウェイ戦略」の成果を説明するとともに、日本企業によるカナダへの投資に謝意を示しました。また、デイ大臣は、ロンドン・サミットでの我が国の貢献を高く評価するとともに、保護主義への対抗をはじめ、アジア太平洋地域、ひいては世界の経済回復のために、日本と連携を深めたい旨述べました。
  3. 中曽根大臣から、パキスタンの安定は、アフガニスタンや地域全体の平和と安定に直結することから重要と考えていること、その考えの下、4月17日に東京でパキスタン支援国会合を開催することを説明し、カナダからの協力を求めました。これに対して、デイ大臣から、日本のイニシアティブに感謝するとともに、同会合にカナダとしても協力する旨述べました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る