報道発表

スタネクザイ・アフガニスタン国内治安問題担当大統領顧問による中曽根外務大臣への表敬

平成21年3月25日

(写真) (写真)

 3月25日(水曜日)、中曽根外務大臣は、約20分にわたり、来日中のスタネクザイ・アフガニスタン国内治安問題担当大統領顧問の表敬訪問を受けたところ、概要以下のとおりです。

  1. 冒頭、外務大臣から、貴顧問は非合法武装集団の解体(DIAG:Disbandment of Illegal Armed Groups)の責任者と伺っており、日本はDIAG支援を含め、アフガニスタンの安定に向けて引き続き積極的に関与していきたい、特に本年は大統領選挙が予定されていることから、同選挙の成功裏を実施のために日本も可能な限りの支援を行いたい旨述べました。
  2. これに対してスタネクザイ顧問からは、武装解除、警察支援、保健及び教育分野をはじめとする日本のこれまでの支援について、アフガニスタン政府及び国民を代表して感謝する旨述べるとともに、貧困への対応として麻薬の代替生計にもなる農業や水分野での支援を期待している、また、アフガニスタンの安定を実現するためには地域全体の協力を必要としており、平和を愛好する日本の協力を期待している旨述べました。
  3. その後、同顧問からDIAGの進展について説明があり、外務大臣から、DIAGに対する継続的な支援を表明しました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る