報道発表

岡田外務大臣と習近平・中国国家副主席の会見

平成21年12月16日
(写真)岡田外務大臣と習近平・中国国家副主席の会見 (写真)岡田外務大臣と習近平・中国国家副主席の会見




  1. 本16日午前9時55分から約30分間、岡田外務大臣は、訪日中の習近平・中国国家副主席との間で会見を行いました。
  2. 岡田大臣から、今回の習副主席の訪日についての感想を求めたのに対し、習副主席からは、今回の日本政府の周到な手配に非常に感謝する、これまで、日本の各界の幅広い方々とお会いし、日中「戦略的互恵関係」を推進・発展させていくとの強い意欲を感じた、両国政府の協力の下、関係を更に深いレベルに発展させていく必要がある旨述べました。岡田大臣からは、新政権発足後、日中両国はよいスタートを切ったと考える、習副主席もまた日本を訪問し、より多くの国民との交流を深め、日本への理解を深めてもらいたい旨述べました。
  3. また、岡田大臣からは、具体的な日中間の懸案事項として、東シナ海資源開発問題について、昨年の合意の実現が重要であり、首脳間で確認したとおり、協議を進める必要がある旨指摘し、習副主席の協力を求めました。習副主席は、昨年の首脳間の重要な合意を堅持し、実務レベルでの接触を維持していきたい旨述べました。
  4. また、双方は、食品の安全のための枠組み作りについて、先般、両国首脳間で一致したことを受け、作業を進め、早期に枠組みを創設することで国民の食品への安全への信頼感を高める必要がある点で一致しました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る