報道発表

岡田外務大臣によるラッド豪首相表敬(概要)

平成21年12月15日
(写真)岡田外務大臣によるラッド豪首相表敬(概要) (写真)岡田外務大臣によるラッド豪首相表敬(概要)




本15日、11時30分より約30分間、岡田外務大臣は在京豪州大使館において訪日中のラッド豪首相を表敬したところ、概要以下のとおりです。冒頭、ラッド豪首相より岡田大臣に対し訪豪招請がありました。

  1. 核軍縮・核不拡散
    岡田大臣とラッド首相は、2010年に核軍縮サミットやNPT運用検討会議等が開催されることを視野に、「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)」の報告も踏まえ、核軍縮・核不拡散に関する国際的議論を喚起すべく日豪で一層協力していくことで一致しました。また、この他、イランの核問題についても両国で緊密に連絡を取り合うことで一致しました。
  2. 日豪安全保障協力
    岡田大臣とラッド首相は、今般、安全保障協力に関する日豪間の行動計画が改定されることを歓迎し、自衛隊と豪州軍の間でロジスティックス協力を強化していくことで一致しました。第3回日豪外務・防衛閣僚協議(「2+2」)については、明年前半に開催する方向で調整していくこととなりました。
  3. 日豪EPA
    岡田大臣とラッド首相は、双方の利益となる日豪EPAの早期締結に向けて、交渉を政治主導で迅速に進めていくことで一致しました。
  4. 気候変動
    岡田大臣とラッド首相は、大詰めを迎えているCOP15において、先進国と途上国の立場の違いを埋めるべく、日豪両国で緊密に協力していくことで一致しました。
  5. アジア太平洋共同体構想(APc)
    ラッド首相から、自分のアジア太平洋共同体構想や鳩山総理の東アジア共同体構想も踏まえ、将来におけるアジア太平洋地域の枠組について、日豪間でもよく議論していきたい旨述べました。これに対し、岡田大臣より、ASEANの役割の重要性に留意する必要がある旨等を述べました。その上で、岡田大臣とラッド首相は、APEC等の既存の枠組みも活かしつつ日豪間で議論していくことで一致しました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る