報道発表

汪洋・中国広東省党委員会書記による岡田外務大臣表敬及び大臣主催夕食会

平成21年11月4日

(写真) (写真)

  1. 本4日(水曜日)午後7時30分から9時頃まで、岡田外務大臣は、飯倉公館において、外務省の招へいで訪日した汪洋・中国共産党中央政治局委員、広東省党委員会書記の表敬を受け、引き続き夕食会を行いました(表敬及び夕食会には福山外務副大臣他が同席)。
  2. 岡田大臣から、汪洋書記の来訪を歓迎するとともに、鳩山総理は既に胡錦涛国家主席や温家宝総理とも会談し、新政権として良い日中関係のスタートを切れた、今後とも日本と中国との関係強化にともに努力したい旨述べました。これに対し、汪洋書記から、今次訪日招待に対する謝意が表され、滞在中には世界をリードする先進国である日本の経験を学び、また、環境保全など様々な分野で日本との協力を深めていきたい旨述べました。また、汪洋書記より、輸出依存型で世界経済金融危機の影響を強く受けた広東省における景気対策や汪洋書記が主導する産業構造の高度化等について説明があり、双方は、日本と広東省との経済分野での協力を強化していくことで一致しました。
このページのトップへ戻る
目次へ戻る